オールドヴァイオリン(フランス)Atelier Caussin (クサン工房製) ca.1880

おはようございます!

オールドヴァイオリン専門店
㈱ダ・ヴィンチヴァイオリン
代表の山口保行です。

今日はクサン工房製のオールドヴァイオリン1本目を紹介します。

クサン工房は父(Francois)である親方と息子達(Francois Hippolyte、Nicholas)、お弟子さんによって1800年中ごろから終わりまでフランスのNeufchateau(ヌシャトー)で弦楽器の製作をしていました。



クサン(工房)のヴァイオリンは何といっても「オールド仕上げ」(主にイタリアンオールドコピー)です。イタリアンラベルが貼ってありますがクサン工房の楽器に使用される典型的な材料、楽器の作り、ニスの仕上げですぐにクサン工房製とわかります。



今回は3本入荷しましたので順に紹介していきます。では早速1本目のヴァイオリンを見ていきましょう。



全体像から




中心部です。すこし幅広なところがクサン工房っぽさを出してますね。f字孔はとてもスッキリと上手にカットされてますよ。




f字孔を横から見ると結構段差があります。イタリアンオールドのコピーですからそれだけ「ふくらみ」があります。板も厚いですね。




表板は1枚なので良く見ると高音側の木目は狭く低音側は幅広くなっています。




弊社で継ぎネック、指板も新調しました。



糸巻きも穴埋めしてローズの新しいペグを入れました。これで調弦は心配なしです。



スクロールです。


クサン工房のスクロールは素朴というかプリミティブな雰囲気があってカワイイですね。




低音側です。横板は裏板同様あまり木目がないものです。


テールピースはあえて色の濃い柘植(つげ)にしました。黒檀、金のアジャスターとのハーモニーが素敵でしょう?自画自賛、見た目は大事です。



あご当ては糸巻きと合わせてローズにしました。


では裏板を見てみましょう。





新作しか見ていない方々にとっては「あれ、あまり木目ないじゃん?」と思うかもしれませんね。でもこの木目が無い裏板こそ「オールドヴァイオリンらしさ」です。ぜひイタリアンオールドヴァイオリンの写真集をご覧いただき、多くの楽器がそれほど木目が無いのをご確認ください。



あとこの楽器の特徴、クサン工房にありがちなのが手書きパフリング(楽器の縁周りにある二重線)です。通常は溝に3本の木を入れる象嵌(ぞうがん)なのですがこれは線を引いているだけです。手抜きじゃない?といわれれば否定はしませんがそれもオールドヴァイオリンらしさです。




この手書きパフリングといえば、オールドイタリアンヴァイオリン、ミラノの製作者にTestore(テストーレ)というとても有名な方がいます。その製作者のヴァイオリンのパフリングは象嵌もあれば手書きもあります。それもテストーレの特徴ですね。



せっかくなので写真集「Four Centuries of Violin Maiking」でCarlo Antonio Testore(カルロ・アントニオ・テストーレ, Mlano,1693-1765)の楽器と比較してみますか?


まず表(P588、1736年製)です。センターは少し幅広だけれどf字孔なんか似てるでしょう?


裏(P591、1752年製)です。Cカーブは中央は少し違うけれど、下のコーナーなんかは似てるかな、でもテストーレコピーではないのでちょっと苦しいか?


例の手書きパフリング(P:同上)です。

ほら、何千万円もする楽器でも手書きパフリングです。こうしてみると、オールドっぽさが出ているとっても素敵な楽器に感じられますね。


解説は以上となります。このヴァイオリンはあまり弾かれていなかったのか、一切割れもないとても保存状態が良い楽器ですので安心してお使いいただけると思います。



クサン工房のヴァイオリンは当時からイタリアンオールドヴァイオリンへの憧れから人気のあったため人気があったのでしょう。工房製なので値段も比較的手ごろです。雰囲気あってオールドヴァイオリン好きな初心者の方にはバッチリですね。

このオールドヴァイオリン価格は下記の画像をクリック!

ご質問、試奏のご予約は今すぐ!

お客様ご相談窓口へ


電話:03-6671-3746

お問い合わせフォーム


今日もありがとうございます。

代表取締役 山口保行

東京メトロ有楽町線「新富町駅」直結!

Pierre Guillaume の弓在庫日本一!

オールドヴァイオリン専門店

株式会社ダ・ヴィンチヴァイオリン
弊社ホームページは画像をクリック↓

Da Vinci Violin Co.,Ltd

------------------------------------------------

東京都中央区築地1-2-1

プライムメゾン銀座イースト204

電話:03-6671-3746 

------------------------------------------------

オールドヴァイオリン専門店 ダ・ヴィンチヴァイオリン

㈱ダ・ヴィンチヴァイオリンはオールドヴァイオリン専門店として創業10周年を迎えました。ヴァイオリン奏者の憧れる1700年代のオールドヴァイオリンを数多く在庫しています。手が届かないと思っているあなたへ、お気軽にご相談ください。有楽町線「新富町駅」1番出口エレベータ-直結です。 電話:03-6671-3746

0コメント

  • 1000 / 1000