オールドヴァイオリンからモダンへの歴史的変遷

こんにちは!

オールドヴァイオリン専門店

㈱ダ・ヴィンチヴァイオリン

山口保行です。


オールド(~1800年)、モダン(1800~1950年前後)コンテンポラリー(~現在)の特徴をヴァイオリンの作りから非常に簡単に解説しました。単純化・類型化すると物事を理解するのに非常に役立つ一方で、個々の製作者たちの個性や例外の理解がおろそかになってしまいます。ヴァイオリンの世界は例外ばかりです(笑)。「オールドヴァイオリンとはアマティ、シュタイナーモデル」「モダンヴァイオリンとはストラディヴァリコピー」という非常に単純な思考に陥らないようご注意くださいね。


今日は少し硬いお話しです。

ヴァイオリンでいうオールド~モダン(17、18世紀~20世紀半ば)の時代。

ヨーロッパでは(クラッシック)音楽以外の芸術分野はもちろん、文化を支えた政治、経済、科学、宗教など中世的価値観からの近現代へと変遷する激動の時代でした。またここ数百年の間で民族、宗教戦争、王家の対立、植民地戦争、第一次、第二次世界大戦など戦争の多くがこのヨーロッパに集中していることを忘れてはいけません。


戦争など争い後に起こるのが権力の移動です。それまで権力ピラミッドの頂点に立つのは王侯貴族・聖職者です。この時代、中世の宗教改革を経てさらに宗教的価値観も変化、17~18世紀イギリスに始まる産業革命によって機械化が進み資本家(お金持ち)が生まれました。マスコミも発達し、市民階級へ新しい知識や価値観が広がりました。戦争による経済的疲労とからみ個人・自由主義の思想が浸透した結果、市民革命を経て権力が市民へと移っていく(共和制)、まさにその時代です


なぜ、このような話をするのかと申しますと、ヴァイオリンのような楽器は時の権力者達と密接につながっていたからです。宗教音楽はキリスト教の発展と不可分ですし、(クラッシック)音楽やオペラは王侯貴族の娯楽や行事を支え、さらに彼らの思想を体現してきました。彼らのための音楽であったため演奏するのは彼らに雇われたプロ(他の職業と兼業する人もいた)です。つまり、その時代に製作された現在のオールドヴァイオリンは主としてプロ用に製作された楽器なのです。楽器代金を支払うのはもちろん王侯貴族、聖職者達です。彼らに聞かせるのにふさわしい楽器が時代を経て現在に残っているのがオールドヴァイオリンです


アドルフ・メンツェル『フリードリヒ大王のフルートコンサート』

(1852年、ドイツ旧国立美術館)

ドイツ・サンスーシ宮殿におけるフルート・コンサートの情景を描いたものです。フリードリヒ大王(1712-1786)はフルート演奏の才能で知られており、親戚、友人、家来を集めての演奏会を度々催しました。なお、宮殿はベルリンの南西方面に現存しています。右側にヴァイオリン奏者がいますね。伴奏していたのでしょうか?


その後は権力者(絶対王政)の衰退、市民階級の地位向上とともに音楽という娯楽がより身近になった結果、市民自身も演奏したいという需要が増え楽器の量産へとつながるのです。残存する王侯貴族や聖職者だけでなく、お金持ち、そして一般市民達の娯楽へと変化していったのです。それら娯楽を提供するのは職業演奏家(団体に所属したり、自主演奏会を開いて食べていく等)達であり、量産ではない手作りのモダンヴァイオリンは彼らの要求に応えるようになってきました。


職業演奏家の代表として有名な作曲家兼ヴァイオリニストであるニコロ・パガニーニ(1782-1840)の超絶的な演奏に応えるべく、彼のヴァイオリン(1743年製ガルネリ・デル・ジェス「カノン」)の改造が行われました。併せて劇場や曲自体の巨大化に伴いヴァイオリン製作はこれまでのバロックスタイルから現代のモダンスタイル(モダンヴァイオリン)に変わっていったのです。同時に弓も現代の形に変わり演奏法も劇的に変化したのです。これら改造、改革については別の記事で書きましょう。


数百年に渡るヨーロッパの歴史をブログの性質上1ページで解説するのはかなり強引ですが、参考になれば幸いです。私は歴史学者ではありませんので、正確性、言葉足らずはどうかご了承ください。より深く学びたい方は最近とても分かりやすい世界史やヨーロッパ史の書籍が出版されているのでそちらを参考くださいね。


今日もありがとうございます。

ご質問、試奏のご予約は

お客様ご相談窓口へ

電話:03-6671-3746

お問い合わせフォーム


東京メトロ有楽町線「新富町駅」直結!

Pierre Guillaume の弓在庫日本一!


オールドヴァイオリン専門店

株式会社ダ・ヴィンチヴァイオリン

http://www.davinci-vn.com

代表取締役 山口保行

Da Vinci Violin Co.,Ltd


------------------------------------------------

東京都中央区築地1-2-1

プライムメゾン銀座イースト204

電話:03-6671-3746 

------------------------------------------------

オールドヴァイオリン専門店 ダ・ヴィンチヴァイオリン

㈱ダ・ヴィンチヴァイオリンはオールドヴァイオリン専門店として創業10周年を迎えました。ヴァイオリン奏者の憧れる1700年代のオールドヴァイオリンを数多く在庫しています。手が届かないと思っているあなたへ、お気軽にご相談ください。有楽町線「新富町駅」1番出口エレベータ-直結です。 電話:03-6671-3746

0コメント

  • 1000 / 1000