社長プロフィール

山口保行(やまぐちやすゆき・代表取締役社長)

1968年8月12日横浜生まれ。

バイオリンを五十味守康、谷本潤、大川内弘、各氏に師事。

慶應義塾大学法学部卒業。大学在学中~社会人までに多くの

オーケストラにてコンサートマスター経験を積む。

卒業後は複数の外資系医療機器メーカーに勤務するも

音楽の道を選びプロのヴァイオリニスト、指導者に転向。


2002年

東京国際芸術協会管弦楽団コンサートマスター就任、

同協会主催オペラ公演で演奏活動

(東京国際芸術協会ホームページ)

http://www.tiaa-jp.com/

2003年4月

バイオリン講師として東京音楽学院にて勤務

3歳のお子様から大人まで指導

(東京音楽学院ホームページ)

http://www.tokyo-musicac.co.jp/

門下生による子供アンサンブルは

毎回発表会のオープニングを飾り好評を博す。


2006年7月

東京都中央区に、資本金600万円

(現在は資本金2000万円に増資)

オールドヴァイオリン専門店

株式会社ダ・ヴィンチヴァイオリンを創業。

代表取締役に就任


単に楽器を販売するだけでなく、バイオリンの構え

弓の持ち方、音の出し方など、個々の楽器購入者ごとに

演奏面でのアドバイスが出来るお店としての特徴をもつ。

現在も、社長業のみならず演奏活動と子供から大人まで

指導を続けている。


会社沿革

2006年7月

東京都中央区にオールドヴァイオリン専門店として

株式会社ダ・ヴィンチヴァイオリンを創業

(資本金600万円→現在2000万円)

代表取締役に就任。


主に欧州産オールドヴァイオリン、および弓を販売開始


2006年10月

現代最高の弓製作者「Pierre Guillaume(ピエール・ギヨーム)」

本人製作のヴァイオリン弓、および工房(弟子)製弓の取り扱いを開始

(現在まで100本以上の実績)

2年後の2008年:ギヨームの弓で1店舗での実質在庫数が日本一になる。

定価100~200万円を超える特殊な模様、べっ甲、金などを使用した

最上級品の取り扱いでは常時10本以上を在庫、「選べる」店となる


2007年2月

分数オールドヴァイオリンの取り扱いを開始

この分野では全国でも有数の在庫を持つ


08年には現代のストラディヴァリと称される

F.Bissollotti氏の分数バイオリン入荷

3/4、1/2サイズの弓もギヨーム工房製を仕入れ全国一の在庫をもつ


2007年7月

東京都公安委員会「古物商許可」(第301060707906号)

中古品の取り扱いおよび楽器の買取り業務を開始する


2008年7月

第二期決算を終了

更なる在庫充実を目指し、仕入れ資金調達のため金融公庫

城南信用金庫の融資を受けイタリアンヴァイオリン

ピエール・ギヨームの弓など在庫を大幅に増加


2008年10月

同業他社への弦楽器卸売りを開始

2009年1月

「Pierre Guillaume(ピエール・ギヨーム)」本人製作のチェロ弓の取り扱いを開始。2月には最上級品「花模様」、11月に「金・べっ甲」を入荷

2009年3月

ヴァイオリニスト社長@山口保行ブログ開始

「楽器の選び方」「演奏が上手になる方法」などヴァイオリンに携わる方への情報発信をする

2009年7月

第三期決算終了し、第四期より資本金を2,000万円に増資


2009年7月

「Pierre Guillaume(ピエール・ギヨーム)」本人製作による

唯一の分数ヴァイオリン弓(3/4サイズ)、及び工房製作

ビオラ弓の取り扱いを開始


2010年4月

大手弦楽器専門店の依頼でオールドヴァイオリンを卸売り開始。

全国に弊社仕入れ・調整済みの楽器が流通


2010年6月

弓製作の巨匠、ピエール・ギヨーム氏が来店


2010年12月

ヴァイオリンの名弓 ドミニク・ぺカット

(Dominique Peccatte 2000万円相当)を仕入れ

業界紙「サラサーテ」にも紹介される



指導者としての実績


2003年4月よりバイオリン講師として東京音楽学院にて勤務。

門下の生徒、複数の音楽大学バイオリン科に合格(東京音楽学院初)

大阪国際音楽コンクール、ファイナル1位なしの2位に入選

 (東京本選では金賞受賞) ほか


2008年7月:

子供アンサンブル指導力を認められ、東京国際フォーラム

ホールAにて世界的なヴァイオリニストでヒーリングミュージック

巨匠ダニエル・コビアルカ氏と 「星に願いを」で共演。

5000人の観衆の前で子供アンサンブル約70人を引き連れ

コンサートオープニングを飾る。

オープニングが一番良かったと、お客様はもちろんスタッフ

そしてコビアルカ本人からも大好評であった。

京都公演でも現地の子供たち約40人を1回の指導で公演を成功に導く

(ダニエル・コビアルカ公式サイト)

http://portal.healinglabel.com/danielkobialka.html

(東京フォーラムでのコンサートの模様)

http://www.oneworld-w.com/blog/?eid=35


同年より、故鈴木鎮一先生(スズキメソード・才能教育創始者)と共に

世界に才能教育を広められた最初の女性指導者:中嶋美子先生(新大阪)から

才能教育の本質を学ぶ

現在も、社長業のみならず演奏活動、子供から大人まで指導を続けている。